2018年04月18日

長めのチェーンのペンダント

ジョージ ジェンセンのペンダントのチェーンの長さは、45cm のものがほとんどです。
イヤーペンダントの付属のフィガロチェーンは45cmで、ここ数年は少し短い位置でも
留められる仕様になっております。

何度かお知らせ致しておりますが、以前はチェーンのデザイン、長さ、太さが異なるものが
多数作られておりました。 
トップスのお襟のデザインやくりによりまして、チェーンを替えるのも楽しみです。
また、チェーン1本でペンダントの印象は随分変わるものですので、何本か持っておりますと
とても重宝致します。 

個人的にですが、キラキラしたヴェネツィアンチェーンや、38cmの短いもの、それから
ちょっと長い60cmのものも大好きです。

そこで、今日は長いサーヴィスチェーンの付いたペンダントを選んでUPしてみました。
服装は、違いがお分かり頂けますよう黒のワンピースで統一し、チェーンも一番長い位置で
着用致しました。


ペンダント グレイプ - ラージ
     ↓
180417-1
長さ、60cm です。 太めです。
トップの大きなブドウの房にマッチした長さで、1枚のブドウの葉がトップとの統一感を
演出しております。

45cm、90cm の一枚の葉のチェーンもございますが、スッキリと着けたい時には、
トップのカンが大きいので、Torun コレクションの チョーカー (ペンダント用) に通します。
     ↓
180417-2

お次は私物ですが、2010年のアーティストペンダント-ラージ です。
     ↓
180417-3
長さ、90cm です。     
お買い物に行って何気なくショウウィンドウを覗いて見た時に、トップがガラスにぶつか
ってしまった事がありましたので、今日はウィンドウショッピングという時は、こちらも
Torun コレクションの チョーカー (ペンダント用) にトップを通します。
     ↓
180417-4

こちらも私物ですが、ペンダント #159 です。
     ↓
180417-5
長さ、60cm です。 長さに似合わず細めです。
こちらは Torun コレクション のチョーカーに通りませんので、今でも他にどういう着け方
楽しみ方があるかしら?と、模索しております。 こうして見ますと、黒に合うお石づかい
(色石の選び方)ですね。

こちらもロングセラーとなりました。 ペンダント #9B (ブラックアゲイト)
     ↓

180417-6
長さ、60cm です。 お石が大きいのでこの長さです。
黒のお石を黒のトップスに合わせますと、ザンネンな感じになると思いきや、枠のデザイン
が強調されまして、これはこれで美しいものですね。

こちらもすかさず(笑) チョーカー (ペンダント用) にトップを通します。
     ↓
180417-7
トップのカンが大きいと、おしゃれの範囲が広がりまして、単純に嬉しく思います!

最後に真打ち登場。 ブローチ、ペンダント #96 (ガーネット、ローズクォーツ)
     ↓
180417-8
長さ、90cm です。
こちらは本当にため息が出るほど美しいペンダント兼ブローチです。 
お石も透明感がありまして、どれも美しいです。
チェーンがまたデザインが凝っておりまして、フィガロを複雑にしてより太く丈夫にした
タイプです。 他のボリュウムのあるペンダントトップに通しても、きっと素敵でしょう!

画像を8枚UPしたので長くなってしまいました。
暖かい季節ですので、是非長いチェーンのペンダントもお楽しみ下さいませ。
通常の 45cm とは違うおしゃれを展開できます。


drecom_margaret at 13:11|PermalinkComments(0) Georg Jensen | Torun コレクション

2018年04月04日

桜? そして・・・

今年の桜の開花は予想外に早かったです。

お彼岸に、東京谷中の実家のお墓参りに行った時は、まだ桜は満開ではなかったので
寄り道した銀座で、和光のウィンドウディスプレイの「桜」を撮ってみました。

3月1日からの展示で、「桜前線の北上とともに蕾が綻んで満開になる」という趣向
とのことです。 定点観測できたら、面白かったことでしょう。

     ↓

180404-5



昨日は、何が悲しいのか 既にほぼ散ってしまっている桜を愛でに、皇居東御苑に参りました。
三の丸尚蔵館もあり、ごくたまに行くことがあるのです。
思えば東御苑が開園になった時、まだ小学生だった私は、母、祖母とサンドウィッチを持って
ピクニック気分で出かけたのが最初でした。

丸の内方面を、桜越しに写してみました。

     ↓

180404-1

まだ1,2割は花びらが残っていました。



以前 銀座松坂屋跡地の工事現場をシリーズのようにUPしておりましたが、そこが GINZA
SIX となって終了となりました。

今度は日比谷に新しいビルが建ち、3月29日に「東京ミッドタウン日比谷」としてオー
プンしましたので、足をのばしてみました。

     ↓

180404-2

道路だったところが広場になっておりました。
ベンチが沢山設置してあるので、暖かくなったら というか もう既に暖かいですが(笑)、
町ゆく人を見ながら軽くお弁当を食べてみるのも良いかと思います。


こちらは、ビル正面向かって右手にある「日比谷ステップ広場」です。

     ↓


180404-3

階段を上まで上ってみますと、ビールやちょっとしたグッズを販売しているショップが
ありました。
ローマのスペイン広場に似ていると言われれば、そうかしらと思います。 
スペイン広場のほうが広いし、お花が綺麗ですが・・・


その内部です。
 
     ↓

180404-4

吹き抜けになっているのは GINZA SIX と同じです。
でも、GINZA SIX よりベンチの数が多くて寛げますし、出店しているショップも手が届く
価格の品物を販売していて、GINZA SIX よりカジュアルな感じです。

地下一階にはパンのジャン・フランソワ、オイスターバーのボストン オイスター&クラブ
など8店舗が入っていて、ちょっと人が通ってごみごみしているのが難点ですが、慣れて
しまえば活気があって良いのかもしれません。 美味しそうなものがいっぱいでした!

まだ外国人観光客には知れ渡っていないようで、スーツケースをごろごろ転がしている人は
いませんでした。

次はゆっくり見て回って、お食事もしてみたいです。
それに、買いたいものも発見してしまいましたし・・・あ~あ。

drecom_margaret at 22:52|PermalinkComments(0)  | 出来事

2018年03月01日

春に似合う ローズクォーツ

再入荷致しました 2018 イヤーペンダント 限定 (ローズクォーツ) のお石が
とても綺麗です!

ピンクのお石は、桜のようなローズのような・・・春らしいです。

同じお石でも、色々違いがあって面白いですので、手持ちのアイテムを並べてみました。

     ↓


180301

左から
1999年 イヤーペンダント
2003年 イヤーペンダント と イヤークリップ
2011年 イヤーペンダント と イヤークリップ
ドロップレット ペンダント と リング
デュウドロップ ペンダント
2018年 イヤーペンダント(限定)

99年はオレンジ系の濃いお色のローズクォーツです。 GJのローズクォーツと言い
ますと、まずこのお色を想像なさる方が多くいらっしゃいますが、今は全く見かけなく
なってしまいました。

03年はインクルージョンが多いお石でした。

11年はミルキーなお石で、ちょっと趣が異なるローズクォーツでした。

ドロップレットは比較的インクルージョンが少なく、丸く可愛いお石でした。

デュウドロップは透明でインクルージョンがとても少なく、ほんのりピンクの上品な
ものでした。

そして、2018年はお石が大きく、インクルージョンも極めて少なく(ほぼ無し)、
サイドから見ますと透明なふわっと浮遊感のあるなんとも言えない美しさです。

着けていても眺めていているだけでも、ローズクォーツは心が和んで、優しい気持ちに
なれる不思議なパワーを持っております。
やはり、妖しい魅力は桜の花に似ているのかもしれません。

drecom_margaret at 22:57|PermalinkComments(0) Georg Jensen | ファッション

2018年02月05日

ノーカラー・ジャケット に

前々回、春にはスーツを着る機会が増えますとお話し致しました。

襟のあるジャケットは、中に着るインナーの襟ぐりによりまして、どのようなネックレスや
ペンダントでも合わせ易いのですが、ノーカラーのジャケットですと案外難しいものです。

シャネル風にソトワールをじゃらじゃら着けるのが定番ですが、長いネックレスを何本か
着けますといわゆるセレモニーですと邪魔になってしまいます。

そういう時にお勧めなのが、チョーカー パウア / マザーオブパール もしくは
チョーカー ブラックオブシディアン / マザーオブパール です。



180204-1

白ベースのジャケットに、白のMOPはとても春らしいです。
ここでは、ジャケットを留めないで肩に掛けて羽織ってみましたので、手首が目立つ
ように バングル スミシィ カフス #566A - サイズ S をプラスして
みました。
春用にはブラウスの袖丈が7分や8分の短いものがよく見受けられますので、こちらの
バングルが美しく映えます。
スミシィカフスは、鎚目のあるほう(ハンマード)は生産されているのですが、どうも
こちらのシンプルなほうは生産中止ではないかと危ぶんでおります。


ジャケットを着てみました。

     ↓

180204-2

手首が隠れてしまいますので、スミシィカフス より幅が細い Torun コレクション の
バングル マザーオブパール サイズ M を合わせてみました。
私の大好きなバングルです! ヴォリュウムがあってシンプルで、Torun さんらしさ
全開です。 チョーカーもバングルもMOPでして、白の持つ清潔さ清楚さを表現して
みました。


最後に、バングルではなく  Torun コレクション のピンブロ-チ を留めます。

     ↓

180204-3

ジャケットの前を留めて、ピン パウア / マザーオブパール もしくは、
ピン ブラックオブシディアン / マザーオブパール を留めました。
もう少し高い位置でも良かったかしら? ブローチを留める位置というのは少しの
違いで野暮にもなりますので、とても難しいです。 和服の場合の帯の高さや衿の
抜き具合ぐらい難しいです。

MOP+シルバー、MOPのみ という装い方は、清新な感じがして春に相応しい
です。 
チョーカーやピンを、パウアやブラックオブシディアンに替えますとまた雰囲気が
ガラッと変わります。 1つで両面が楽しめる、Torun さんらしいアイディアが
嬉しいアイテムでもあります。

drecom_margaret at 18:41|PermalinkComments(0) Georg Jensen | Torun コレクション

2018年01月27日

モダン・ソトワール と クラシカル(イヤー)・ペンダント

時々お客様より
「モダン・アイテムとクラシカル・アイテムを一緒に着ける事をどう思われますか?」
というお問い合わせを頂きます。

何度か掲示板やこちらのブログでお話したことがあるかと思いますが、
「着けてみて合っていれば、全くOK、問題なしです!」

私も以前は同じラインでなければと考えがこちこちに固まっていたのですが、だんだん
長く付き合っていくうちに、正反対のデザインでも、モダンとクラシカルでも、合うもの
は合うのだ という境地?(笑)に達しました。
GJ上級者の方ほど、ルールには無頓着になって、ご自分らしい着け方をお楽しみに
なっていらっしゃいます。

R・オバゴーさんが、ジュエリーをシルバーかゴールドに統一しないで、コンビで
自由に楽しんでデザインされているのと一脈通じる所がございます。


さて、前回ソトワールを取り上げましたので、今回はモダン・アイテムの代表として
ソトワールと、クラシカル・アイテムを代表としてイヤー・ペンダントを合わせて
みました。


 ソトワール アリア #593A - 91cm 
 2018 イヤーペンダント (ブルーカルセドニー)

     ↓

180127-1

無地のブラウスにイヤーペンダント1つだけ というのもスッキリして素敵なものですが、
黒のブラウスですと何か物足りない気も致しますので、ソトワールをプラスしてみました。

モダンとクラシカルでも喧嘩せずに、お互いに良さを引き出していると思います。
ソトワールを加えることによって縦のラインが強調されますので、シャープな印象となり
ます。


ネックレス ゼファー #500A
2018 イヤーペンダント (シルバーストーン)

     ↓

180127-2

人気のあるゼファーのソトワールはブラックアゲイトが使われておりますので、色石の
ペンダントは避けてシルバーストーンを合わせてみました。
但し、ゼファーは長いのでペンダントがサーヴィスチェーンのままですと短か過ぎて
位置的におかしく見えてしまいます。 長いチェーンに替えてみました。

今年のペンダントでもブラックオニキスにしますと、枠のシルバーが際立ってより面白み
のある大人っぽい組み合わせになりますね。

それにしても、チェーンはいくつか長さ、デザインの異なるものを持っておりますと、
着け方の幅がぐっと広がるのですが、今はあまり種類が作られていないのが残念です。


皆様もジュエリーを宝の持ち腐れとせず、ちょっと合わないかしらと思っても是非実際に
いろいろな組み合わせにトライしてみて下さいませ。
意外と個性的で素晴らしい組み合わせを発見できるはずです。

drecom_margaret at 23:24|PermalinkComments(0) Georg Jensen | ファッション

2018年01月22日

ブローチ と ネックレス

今日は浦和でも雪が降っています。 積もりそうな雪です。
早く暖かくなると良いなあと呟いて、人間は勝手なものだなあと思い直しました。(笑)

春になると卒業式、入学式、仕事関係で、スーツを着る機会が増えますね。
ネックレスだけでも十分なのですが、ブローチをプラスしますとおしゃれ感がぐっと
アップ致します。


定番のあこや真珠のネックレス + ブローチ メビウス #374B 

      ↓

180121-2

真珠のブローチですとなんだか改まった印象しか致しませんので、丸くて違和感のない
ブローチ メビウス #374B をプラスしてみました。
いつもブローチは肩に近いようなジャケットの上の部分に留めるのですが、ネックレス
とのバランスを考えて少し下目に留めています。


 ブローチ メビウス #374B + チョーカー パウア / マザーオブパール 

     ↓

180121-1

ブローチ メビウス #374B はそのままに、あこやのネックレスでは人と同じになって
しまうとおっしゃる方にお勧めの、個性的なTorun コレクション の 
チョーカー パウア / マザーオブパール  の MOPの面を着けてみました。 
もちろんチョーカー ブラックオブシディアン / マザーオブパール の MOPの面でもOK
です。
白はやはりお着物の白襟効果と同様、明るく改まった雰囲気がございます。


ブローチ メビウス #374B  + ソトワール アリア #593A - 91cm

     ↓

180121-3

ブローチ メビウス #374B が丸いので、敢えて反対のキューブでシャープな
ソトワール アリア #593A - 91cm を合わせてみました。
こちらのソトワールは昔のGJの作品のようにぐっと軽くて、長さがあるのに着けて
いて全くストレスを感じないスグレモノです。 ソトワールを何か1本と思っていらっ
しゃる方にはお勧めのお品です。 現実的な問題で重いネックレスで、肩が凝るという
方もいらっしゃいますので。 1重でも2重でもお楽しみ頂けます。


ソトワール アリア #593A - 91cm + ブローチ フォーゲット・ミー・ノット

     ↓

180121-4

2重のソトワールの重ね方を少し変えて、ブローチ フォーゲット・ミー・ノット を
プラス致しました。 キューブとト音記号のようなモダンな組み合わせです。 
メビウスもそうですが、フォーゲット・ミー・ノットも留める位置や角度を自由に
変えることによって、雰囲気がかなり変わります。 悩むのが楽しい反面、おしゃれ
にもなりますし、一歩間違うと野暮になってしまい、着けている間中なんだか気分が
重いということにもなります。


ブローチをお着けになる時は、是非鏡の前で位置決めをして、そして、留めてから
ジャケット着用という手順になさると、面倒ではございますが失敗はないです。

その時、布を縫うようにして留めることと、ブローチをお買い上げ頂いた際にお付け
するブローチセーフティをご利用下さいますようお勧め致します。 
外れる心配なく着けることが、ブローチ着用の極意です。


あまりに寒いので、春になったらこうしたいという夢を語ってしまいました。

drecom_margaret at 14:11|PermalinkComments(0) Georg Jensen | Torun コレクション

2018年01月20日

銀座 360°

昨日 谷中にある、さとのお墓に参りました。
若い頃、ちょっと遅くにお参りした後に、門が閉められてしまうという事件?があり
(もちろん脇のくぐり戸から帰れるのですが)、お墓参りは早目にするものだとその時
肝に銘じました。

で、せっかくですからどこかへ行こうと思ったのですが、最近友人に勧められた場所が
あります。

「GINZA SIX の屋上」です。
銀座が360°の視界で見えるということですので、行ってみました。

時々「松坂屋跡地」として建設現場をこのブログでUPしていたのですが、今回はその
跡地に出来たビルの13階の上の屋上に立つこととなります。

こちらが GINZA SIX です。
     ↓
180120-1

建設途中でプールかなと予想していた所は、なんと「芝生」でした。
     ↓
180120-2

松坂屋銀座店の屋上にあった靍護稲荷神社です。 きちんとお祀りされております。
     ↓
180120-3

なんと、もう河津桜が咲いていました。 2本ありましが、六分咲きくらいで
しょうか。
     ↓
180120-4

4丁目の交差点を上から見てみます。 
     ↓
180120-5

お向かいにあるユニクロ銀座店。 そこだけ全館明るくて、マネキンがぐるぐる
回っています。
     ↓
180120-6

遠くにスカイツリーが見えました。 

     ↓
180120-7

反対側には近くの東京タワーも見えます。
     ↓
180120-8

2011年12月12日のブログで、東日本大震災の時にてっぺんが曲がって
しまった画像をUPしたのですが、真っすぐに修理されているのが分かります。

GINZA SIX の屋上は、360°の視界が開けた穴場です。
レインボーブリッジ、聖路加タワー、歌舞伎座も見えます。

日が暮れるのが早いのでどんどん暗くなってきてしまいましたが、春になって暖かくなり
ましたら、ゆっくりと時間を過ごされるのも良いかとお勧め致します。

drecom_margaret at 23:15|PermalinkComments(0)  | 出来事