2018年07月22日

夏のジュエリー

今年の夏は暑すぎて・・・6月半ばから昨年とは全く違う猛暑の日々が続いております。

私が小さい頃は、都内で暑い暑いと言っても、せいぜい32、3度でした。
扇風機とアイスノンがあれば事足りていた時代が懐かしいです。

夏のおしゃれは、リゾート系で楽に涼しくというのが理想的です。
でも、ちょっと盛装して行かなくてはならない場では、どうしたら良いでしょう?

涼しく見えるジュエリーがございます。

     ↓


180721-1


ネックレス デイジー #550B - オキシダイド 150cm に、
ブレスレット デイジー #550C - オキシダイド を合わせてみました。

デイジーの直径が大きくても9mmで、濃~い燻しが施してありますので、すっきり
として暑苦しく見えません。 というより、どこか涼しげです。

ネックレスは150cmの長さですので、いろいろな着け方がお楽しみ頂けます。


こちらのブレスレットはスグレモノで、時計やバングルと一緒に着けて個性的に着けて
頂くことも可能です。

ヘニング・コッペルの時計(私物)と

     ↓


180721-2

ストラップを夏らしくデニム調に替えているのですが、濃い燻しの Daisy とマッチして
います。

バングル #269 (ブルートパーズ) - サイズ S と

     ↓

180721-3

ブルーのお石が涼しげです。 燻しを掛けていないブレスレットでしたら、少しぼやけて
しまうでしょう。

バングル パウア / マザーオブパール サイズ S と、

     ↓


180721-4

パウアのほうを表にしてみましたが、MOPですともっと明るいです。
パウアは模様やお色の美しさがなかなか画像で表現できないのですが、ブルーやグリーンが
角度により輝いてとても美しいです。

夏は、やはり貝を使ったジュエリーが素敵です! 
40年くらい前(笑)、プカシェルのネックレスやブレスレットが流行りましたっけ。
覚えている方もいらっしゃることかと思います。 本物は結構なお値段でした。

貝を使ったジュエリーは、民芸品というよりお土産物的なチープなものが多いのですが、
やはり Torun 工房 のお品は、シンプルですが品格が感じられます。


夏は暑くてジュエリーを着けるのは控えたいと思うものですが、「おしゃれは我慢!」と
おっしゃっていたファッション評論家の方がいらっしゃいますよね。
ネックレスとブレスレットでも、ブレスレットの重ねづけでも、他人様から涼しげに見える
のも夏のおしゃれの醍醐味かと思います。

drecom_margaret at 16:36|PermalinkComments(0) Georg Jensen | Torun コレクション

2018年06月14日

スペイン旅行 バルセロナ

マドリッドからバルセロナへは、高速列車 AVE を利用しました。
荷物のX線検査がありました。 

新幹線と同様で快適な旅ですが、車窓から見えるのは田園風景のみで、狭い日本のように
景色がどんどん変わるという面白みはないです。
ですが、山と平地と崖。 重なっている地層の色が赤っぽかったり、白っぽかったりして
タモリさんならずとも、とても楽しめました。(笑)


「バルセロナ」では


アヒルちゃんのお店
     ↓


180612-1


180612-2

昨年 大英博物館のお土産で、様々なデザインのアヒルちゃんを売っているのを知りまして、
「ああ、こういうの欲しいな~。」と思っていたのです。 私、お人形フェチです。(笑)

今回旅行に出る前にバルセロナのお土産を検索していましたら、アヒルちゃんを販売して
いることが分かり、大興奮!
ただし、分かり難い小路にあります。 主人に、スマホのアプリでナビゲーションして
もらってたどり着けました。 
バルセロナの道は複雑です。 小路をたどって行きますと、いきなり大きな広場に出る事
が度々あり、地図を良く把握していないと迷子になってしまいそうです。

戦利品です。
     ↓


180612-3

十年後の主人かしら? 娘に似たアヒル。 闘牛士のアヒル。

このショップが面した路地に入る場所にあった像
     ↓


180612-4

水場と鎧を着たアヒル?の像です。
バルセロナとアヒルって何か関係があるのでしょうか? それとも鎧を着ているのは
アヒルではないのかしら・・・?


さて、このブログの古い読者の方はご存知かもしれませんが、例の「雨どい問題」。
建物が隙間無く建っている割には、あるべき雨どいが見つかりませんので、何故かしら?
と訝しんでおりましたが、建物の中庭に面した所、つまり表からは見えない裏側に雨どい
があったのです。

カテドラルの塔に上って屋根に出ました所、ありました。雨どいの始まりが!
     ↓

180612-6

中央の縦に伸びているハーフパイプが、それです。

カテドラルは13~15世紀に渡り、150年かけて建てられたということです。
サグラダ・ファミリアがまだ完成しないのも、スペインの時間軸では普通のことなのかも
しれません。

カテドラルの屋根から見た風景
     ↓

180612-5

屋上にまたお家が建っています。 回りを見回しますと、結構普通にあることのようです。


さて、最後に
     ↓

180612-7

工事中の建物。
マドリッドもそうでしたが、工事中の建物にはシートが掛けられているのですが、日本
のように殺風景なシートではないのです。 元あった建物がプリントされておりまして、
いかにも工事中というふうには見えなくて、ああ元はこういう建築物なのね、と街並み
と違和感がなく溶け込んでいて、素晴らしい配慮だと思いました。


スペインは、魚介類も生ハムもパエリヤも美味しいです。
ホテル、レストラン、ショップ関係以外の方はあまり英語は話してくれませんが、人は
兎に角優しいです。 こちらが分からないスペイン語でまくしたてて、いろいろ教えて
下さるのですが、分からなくてごめんなさい。

美術館もお食事も、たっぷり時間をかけて行ければ、もっともっと良い所です。
これからいらっしゃる方は、是非たっぷり時間をかけて楽しんで下さいませ。
あちらこちらに素敵な発見があります。 (ワンちゃんの落し物にはご用心を。)



drecom_margaret at 00:39|PermalinkComments(0)  | 展示会

2018年06月13日

スペイン旅行 マドリッド

先日 お休みを頂いて、しばらく振りの海外旅行を楽しみました。
目的は美味しいお食事と美術館ということで、マドリッドとバルセロナへ参りました。

沢山写真を撮ったのですが、真面目な旅行記というブログでもないので(笑)、ちょっと
面白いと脳裏に引っかかったものをUPしてみます。



「 マドリッド 」 では


プラド美術館近くのお店のお人形の装飾
     ↓

180612-8

180612-9


180612-10

バルコニーに看板代わりのお人形が据えられていて、結構ギョッとするのです。
丁度横断歩道を渡り切った場所にある、多分お土産屋さん?なので、3Dですとかなり
インパクトがあります。


セラーノ通りのお人形
     ↓

180612-11

180612-12

プラド美術館に展示してある ベラスケス 描く「ラス・メニーナス」のシンボル風的
モティーフが、町のいたる所にデザインを変えて置かれています。
(もしかしたら、マリアーナ・デ・アウストゥリア王妃かしら?)
以前行ったコペンハーゲンの牛さんのように、同じ形でありながらいろいろな装飾が
施されている「像」です。 

15体ぐらいは見たと思うのですが、全部では一体どのくらいあるのでしょう?
コマーシャル的存在のようですが、もし、日本で同じことをするとなったら、選ばれる
のは何のモティーフでしょうか・・・誰もが知っていて、絵を描き易くシンプルな・・・
気になります。


プラド美術館には、それ1枚で東京国立博物館に長蛇の列ができそうな国宝級の絵が
これでもか!とばかりに数多く展示されております。
ニューヨークのメトロポリタン美術館と同じで、奥が深すぎて一日では鑑賞しきれない
のに、数時間で最後は駆け足となって回り切るという勿体無さ・・・
旅行者ではなく滞在者となれるなら、どんなにか贅沢でしょう!!


drecom_margaret at 19:23|PermalinkComments(0)  | 展示会

2018年05月24日

五月 歌舞伎座

先日、歌舞伎座に「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部 -「雷神不動北山櫻」「女伊達」を観に
行って参りました。

歌舞伎を観に行くのは一年振りでしたが、朝から混んでいました。
一幕見も長蛇の列でした。

     ↓

180522-1


十二世市川團十郎五年祭にあたります。 また、成田山新勝寺の開基千八十年を記念して
不動明王の出開帳もあり、とても楽しみにしておりました。

     ↓

180522-2


始まったら写真は撮れませんので、内部の様子を一枚。

     ↓

180522-3


歌舞伎座の規模は丁度良いですね。 観客全員がご一緒に楽しめるというか。
話は変わるのですが、大相撲の両国国技館の場合は一階でも奥に行くと観えづらくて、それ
より二階席の前のほうが良く観えて臨場感もあったりします。
花道があるのが同じだな・・・と、今ちょっと思いました。

市川海老蔵さんの口上で始まるのですが、「雷神不動北山櫻」では五役を勤めるということ
で、五枚の写真が舞台の上のほうに掲げられていて、内容を予め説明していただけるのが
とても良かったです。 「毛抜」「鳴神」「不動」と実に内容が濃い(飛んでいる)ので、
始まる前の理解は有難かったです。

この口上で、二階にお不動様が安置されているので「お参りすればご利益がある ”かも” しれ
ません」とのことでしたので、休憩時間にお参りさせていただきました。

この演目は歌舞伎の伝統的な要素がいっぱい詰まっていますので、内容は難しいながらも
純粋に楽しめました。 あまり歌舞伎に興味があるとは言えない主人でもとても楽しめた
ようで、「また観に来たいね~」とつぶやいていたので「しめた!!」と思いました。(笑)

海老蔵さんのふんばりとオーラ、そして五役の演じ分けに圧倒された数時間でした。
昼の部だけで、きっと体重が3キロぐらい減ってしまいのはないかしら?
雲の絶間姫の菊之助さんも美しく、そして品の良い騙し方が素敵でした。
それから、松也さんの声が良いなあと思いました。


せっかくですので、お芝居がはねてから銀座をぶらぶらしました。
あら、ソニービルが建て替え中ですので、エルメスのガラスの壁がバッチリ見えました。

     ↓


180522-4

ズームして、騎馬像のスカーフ を見てみます。

     ↓


180522-5

赤でしたが、なんのデザインなのでしょう?
銀座には、楽しめるものがいっぱいです。 大人の遊園地かしら!

drecom_margaret at 21:32|PermalinkComments(0) 出来事 | 趣味

2018年05月17日

休日に・・・

随分前になってしまいましたが、4月の休日に千駄ヶ谷に行きました。

千駄ヶ谷には、日本将棋連盟の本部がある将棋会館があります。
     ↓
180421-1

実物は予想よりも小さいことのほうが多いのですが、TVで観るのと、同じ! でした。

お玄関から1階を見る。
     ↓
180421-2

2階では、小学生が真剣に将棋を差している姿を垣間見られました。
こんなに真剣な目をしている大勢の子供を見ることは、他ではないのではと思いました。

1階でお土産買いました。
     ↓
180421-3

クリアファイルと、温度計付きマグネットです。
オバサン的には、藤井聡太六段とメジャーリーグの大谷翔平選手は、何をしても可愛らしく
思えてなりません。(笑)


さて、将棋会館からテクテク歩いて、新国立競技場のまさしく工事現場に着きました。
     ↓
180421-4

完成のあかつきには、どのようなスタジアムになるのでしょう?

前回の東京オリンピックの時は子供でしたが、それでも何かワクワクしましたよ。
例えばTVがカラーになって、NHKの「ひょっこりひょうたん島」がカラーで観られる
とか、あちこちにグリーンのゴミ箱が設置されるとか、ゴミをポリバケツに入れて出すとか。
あの頃は、ゴミの回収に来るとゴミバケツを持って捨てに行ってたと思います。
集積所に決まった時間にブルーのポリバケツを出すというのは、もうちょっと後だったような・・・
どの家庭にも主婦が居た時代だから出来たことですね。

都内の道路はどこも工事中で、鉄板だらけだったのが印象に残っています。

ああ、青空に自衛隊のブルーインパルスが描いた五輪のマークは、今でもしっかり脳裏に浮か
びます。 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の通りでした。


そして、テクテク歩きは続いて、神宮球場へ着きました。
     ↓
180421-5

東京六大学野球が行われていて、丁度母校対法政大学の試合でしたので、観ました。
暑~い日で、太陽がじりじりで焦げそうでした。
実家は皆野球好きで、プロ野球も六大学野球も小さい頃から連れて行かれたので、イヤでも
ルールは覚えました。
なんと、六大学野球の外野席は女性は無料なのです。 初めて外野席から野球を観ましたが、
ホームまで遠いこと、遠いこと。

六大学野球は10年ぶりに観戦したのですが、我が母校の応援席があまりに閑散としている
ので、ガッカリでした。 もうちょっと足を運んでみようかなと、気がとがめました・・・
学生さん達は、一生懸命プレイしているのに・・・
応援歌、全部歌えます! ちなみにこの日は、勝ちました! 

4月のある休日のお話でした。

drecom_margaret at 00:48|PermalinkComments(0)  | 出来事

2018年04月18日

長めのチェーンのペンダント

ジョージ ジェンセンのペンダントのチェーンの長さは、45cm のものがほとんどです。
イヤーペンダントの付属のフィガロチェーンは45cmで、ここ数年は少し短い位置でも
留められる仕様になっております。

何度かお知らせ致しておりますが、以前はチェーンのデザイン、長さ、太さが異なるものが
多数作られておりました。 
トップスのお襟のデザインやくりによりまして、チェーンを替えるのも楽しみです。
また、チェーン1本でペンダントの印象は随分変わるものですので、何本か持っておりますと
とても重宝致します。 

個人的にですが、キラキラしたヴェネツィアンチェーンや、38cmの短いもの、それから
ちょっと長い60cmのものも大好きです。

そこで、今日は長いサーヴィスチェーンの付いたペンダントを選んでUPしてみました。
服装は、違いがお分かり頂けますよう黒のワンピースで統一し、チェーンも一番長い位置で
着用致しました。


ペンダント グレイプ - ラージ
     ↓
180417-1
長さ、60cm です。 太めです。
トップの大きなブドウの房にマッチした長さで、1枚のブドウの葉がトップとの統一感を
演出しております。

45cm、90cm の一枚の葉のチェーンもございますが、スッキリと着けたい時には、
トップのカンが大きいので、Torun コレクションの チョーカー (ペンダント用) に通します。
     ↓
180417-2

お次は私物ですが、2010年のアーティストペンダント-ラージ です。
     ↓
180417-3
長さ、90cm です。     
お買い物に行って何気なくショウウィンドウを覗いて見た時に、トップがガラスにぶつか
ってしまった事がありましたので、今日はウィンドウショッピングという時は、こちらも
Torun コレクションの チョーカー (ペンダント用) にトップを通します。
     ↓
180417-4

こちらも私物ですが、ペンダント #159 です。
     ↓
180417-5
長さ、60cm です。 長さに似合わず細めです。
こちらは Torun コレクション のチョーカーに通りませんので、今でも他にどういう着け方
楽しみ方があるかしら?と、模索しております。 こうして見ますと、黒に合うお石づかい
(色石の選び方)ですね。

こちらもロングセラーとなりました。 ペンダント #9B (ブラックアゲイト)
     ↓

180417-6
長さ、60cm です。 お石が大きいのでこの長さです。
黒のお石を黒のトップスに合わせますと、ザンネンな感じになると思いきや、枠のデザイン
が強調されまして、これはこれで美しいものですね。

こちらもすかさず(笑) チョーカー (ペンダント用) にトップを通します。
     ↓
180417-7
トップのカンが大きいと、おしゃれの範囲が広がりまして、単純に嬉しく思います!

最後に真打ち登場。 ブローチ、ペンダント #96 (ガーネット、ローズクォーツ)
     ↓
180417-8
長さ、90cm です。
こちらは本当にため息が出るほど美しいペンダント兼ブローチです。 
お石も透明感がありまして、どれも美しいです。
チェーンがまたデザインが凝っておりまして、フィガロを複雑にしてより太く丈夫にした
タイプです。 他のボリュウムのあるペンダントトップに通しても、きっと素敵でしょう!

画像を8枚UPしたので長くなってしまいました。
暖かい季節ですので、是非長いチェーンのペンダントもお楽しみ下さいませ。
通常の 45cm とは違うおしゃれを展開できます。


drecom_margaret at 13:11|PermalinkComments(0) Georg Jensen | Torun コレクション

2018年04月04日

桜? そして・・・

今年の桜の開花は予想外に早かったです。

お彼岸に、東京谷中の実家のお墓参りに行った時は、まだ桜は満開ではなかったので
寄り道した銀座で、和光のウィンドウディスプレイの「桜」を撮ってみました。

3月1日からの展示で、「桜前線の北上とともに蕾が綻んで満開になる」という趣向
とのことです。 定点観測できたら、面白かったことでしょう。

     ↓

180404-5



昨日は、何が悲しいのか 既にほぼ散ってしまっている桜を愛でに、皇居東御苑に参りました。
三の丸尚蔵館もあり、ごくたまに行くことがあるのです。
思えば東御苑が開園になった時、まだ小学生だった私は、母、祖母とサンドウィッチを持って
ピクニック気分で出かけたのが最初でした。

丸の内方面を、桜越しに写してみました。

     ↓

180404-1

まだ1,2割は花びらが残っていました。



以前 銀座松坂屋跡地の工事現場をシリーズのようにUPしておりましたが、そこが GINZA
SIX となって終了となりました。

今度は日比谷に新しいビルが建ち、3月29日に「東京ミッドタウン日比谷」としてオー
プンしましたので、足をのばしてみました。

     ↓

180404-2

道路だったところが広場になっておりました。
ベンチが沢山設置してあるので、暖かくなったら というか もう既に暖かいですが(笑)、
町ゆく人を見ながら軽くお弁当を食べてみるのも良いかと思います。


こちらは、ビル正面向かって右手にある「日比谷ステップ広場」です。

     ↓


180404-3

階段を上まで上ってみますと、ビールやちょっとしたグッズを販売しているショップが
ありました。
ローマのスペイン広場に似ていると言われれば、そうかしらと思います。 
スペイン広場のほうが広いし、お花が綺麗ですが・・・


その内部です。
 
     ↓

180404-4

吹き抜けになっているのは GINZA SIX と同じです。
でも、GINZA SIX よりベンチの数が多くて寛げますし、出店しているショップも手が届く
価格の品物を販売していて、GINZA SIX よりカジュアルな感じです。

地下一階にはパンのジャン・フランソワ、オイスターバーのボストン オイスター&クラブ
など8店舗が入っていて、ちょっと人が通ってごみごみしているのが難点ですが、慣れて
しまえば活気があって良いのかもしれません。 美味しそうなものがいっぱいでした!

まだ外国人観光客には知れ渡っていないようで、スーツケースをごろごろ転がしている人は
いませんでした。

次はゆっくり見て回って、お食事もしてみたいです。
それに、買いたいものも発見してしまいましたし・・・あ~あ。

drecom_margaret at 22:52|PermalinkComments(0)  | 出来事