2018年01月22日

ブローチ と ネックレス

今日は浦和でも雪が降っています。 積もりそうな雪です。
早く暖かくなると良いなあと呟いて、人間は勝手なものだなあと思い直しました。(笑)

春になると卒業式、入学式、仕事関係で、スーツを着る機会が増えますね。
ネックレスだけでも十分なのですが、ブローチをプラスしますとおしゃれ感がぐっと
アップ致します。


定番のあこや真珠のネックレス + ブローチ メビウス #374B 

      ↓

180121-2

真珠のブローチですとなんだか改まった印象しか致しませんので、丸くて違和感のない
ブローチ メビウス #374B をプラスしてみました。
いつもブローチは肩に近いようなジャケットの上の部分に留めるのですが、ネックレス
とのバランスを考えて少し下目に留めています。


 ブローチ メビウス #374B + チョーカー パウア / マザーオブパール 

     ↓

180121-1

ブローチ メビウス #374B はそのままに、あこやのネックレスでは人と同じになって
しまうとおっしゃる方にお勧めの、個性的なTorun コレクション の 
チョーカー パウア / マザーオブパール  の MOPの面を着けてみました。 
もちろんチョーカー ブラックオブシディアン / マザーオブパール の MOPの面でもOK
です。
白はやはりお着物の白襟効果と同様、明るく改まった雰囲気がございます。


ブローチ メビウス #374B  + ソトワール アリア #593A - 91cm

     ↓

180121-3

ブローチ メビウス #374B が丸いので、敢えて反対のキューブでシャープな
ソトワール アリア #593A - 91cm を合わせてみました。
こちらのソトワールは昔のGJの作品のようにぐっと軽くて、長さがあるのに着けて
いて全くストレスを感じないスグレモノです。 ソトワールを何か1本と思っていらっ
しゃる方にはお勧めのお品です。 現実的な問題で重いネックレスで、肩が凝るという
方もいらっしゃいますので。 1重でも2重でもお楽しみ頂けます。


ソトワール アリア #593A - 91cm + ブローチ フォーゲット・ミー・ノット

     ↓

180121-4

2重のソトワールの重ね方を少し変えて、ブローチ フォーゲット・ミー・ノット を
プラス致しました。 キューブとト音記号のようなモダンな組み合わせです。 
メビウスもそうですが、フォーゲット・ミー・ノットも留める位置や角度を自由に
変えることによって、雰囲気がかなり変わります。 悩むのが楽しい反面、おしゃれ
にもなりますし、一歩間違うと野暮になってしまい、着けている間中なんだか気分が
重いということにもなります。


ブローチをお着けになる時は、是非鏡の前で位置決めをして、そして、留めてから
ジャケット着用という手順になさると、面倒ではございますが失敗はないです。

その時、布を縫うようにして留めることと、ブローチをお買い上げ頂いた際にお付け
するブローチセーフティをご利用下さいますようお勧め致します。 
外れる心配なく着けることが、ブローチ着用の極意です。


あまりに寒いので、春になったらこうしたいという夢を語ってしまいました。

drecom_margaret at 14:11|PermalinkComments(0)Georg Jensen | Torun コレクション

2018年01月20日

銀座 360°

昨日 谷中にある、さとのお墓に参りました。
若い頃、ちょっと遅くにお参りした後に、門が閉められてしまうという事件?があり
(もちろん脇のくぐり戸から帰れるのですが)、お墓参りは早目にするものだとその時
肝に銘じました。

で、せっかくですからどこかへ行こうと思ったのですが、最近友人に勧められた場所が
あります。

「GINZA SIX の屋上」です。
銀座が360°の視界で見えるということですので、行ってみました。

時々「松坂屋跡地」として建設現場をこのブログでUPしていたのですが、今回はその
跡地に出来たビルの13階の上の屋上に立つこととなります。

こちらが GINZA SIX です。
     ↓
180120-1

建設途中でプールかなと予想していた所は、なんと「芝生」でした。
     ↓
180120-2

松坂屋銀座店の屋上にあった靍護稲荷神社です。 きちんとお祀りされております。
     ↓
180120-3

なんと、もう河津桜が咲いていました。 2本ありましが、六分咲きくらいで
しょうか。
     ↓
180120-4

4丁目の交差点を上から見てみます。 
     ↓
180120-5

お向かいにあるユニクロ銀座店。 そこだけ全館明るくて、マネキンがぐるぐる
回っています。
     ↓
180120-6

遠くにスカイツリーが見えました。 

     ↓
180120-7

反対側には近くの東京タワーも見えます。
     ↓
180120-8

2011年12月12日のブログで、東日本大震災の時にてっぺんが曲がって
しまった画像をUPしたのですが、真っすぐに修理されているのが分かります。

GINZA SIX の屋上は、360°の視界が開けた穴場です。
レインボーブリッジ、聖路加タワー、歌舞伎座も見えます。

日が暮れるのが早いのでどんどん暗くなってきてしまいましたが、春になって暖かくなり
ましたら、ゆっくりと時間を過ごされるのも良いかとお勧め致します。

drecom_margaret at 23:15|PermalinkComments(0) | 出来事

2018年01月04日

箱根駅伝 と 銀座

ちょっとTV画面を観てしまうと、なんだか観続けてしまう 「箱根駅伝」。
何故でしょう?

里の母は80歳を過ぎてから、毎年箱根駅伝のスタートとゴールを見に行っていたのですが、
正直、「この寒いのによく行くなあ・・・」と思っておりました。

TVドラマ「陸王」を観た影響からか?(笑) スタートはともかくも、ゴールに近い所に
行ってみようと出掛けてみました。

日本橋三越の傍で観たのですが、沿道は人でいっぱい。 途切れる場所がありません。
ビニールを敷いたり、椅子に座ったりで、早くから場所取りをしていらっしゃる方もおあり
です。

大会関係車両が何台も通り、白バイが通るとランナーがやって来ますが、なによりも頭上に
ヘリコプターが現れますと、それが一番の合図となります。

3位の早稲田大学の選手です。
     ↓
180103-1

やっと3人目になってピントがあったのです。 1位と2位の方、ごめんなさい。

私は今回ゴール間近でしか実際に応援しておりませんが、分かったことが1つございます。
それは、沿道の皆様が、どこかの大学の選手を応援しているのではなく、「箱根駅伝」に
出場している全ての選手を応援している ということです。
力を振り絞って走る全選手に対して、怪我無く最後まで無事に走れますようにと、皆お祈り
しながら拍手と声援で見守っている という一体感が沿道に漂っておりました。
もう、親心です!

それを感じていたから、母は毎年応援に行っていたのだとやっと分かりました。

選手の後ろから監督の乗った車が付いていくのですが、ずっと大声で発破をかけている方や、
ほぼ無言の方、優しく諭すような声音の方など、各大学の特色がありました。

ちょっと気が付いた事。
配られた読売新聞やスポーツ報知の旗ですが、「頭上で振って下さい」というアナウンスが
あったのが、何故かしらと思いました。
カーヴのある場所では、選手は内側を走るけれど、遠くから長くよく見られるのは外側だと、
当たり前の事を理解しました。
最後は「最後尾」と手書きで書いてある車が通って、静かに終わったのだと分かるのが日本
らしかったです。(笑)


せっかく日本橋まで行ったので、歩いて銀座に寄りました。

和光のショウウィンドウが、クリスマスとはがらっと変わっておりましたのでUPしてみます。
     ↓
180103-2

巨大な犬張子。
戌年なのであちらこちらで犬張子にお目に掛かりますが、流石に和光はシックです。
向かって左が金、右が銀です。

180103-3

右のショウウィンドウには小さな犬張子が。
赤のバッグが映えていました。

クリスマス・バージョンから新年のバージョンへと、きっと一晩で飾り変えるのかしら?
大変ですねえ。 などと思い、その現場を見てみたいなとも思ったのでした。


今年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

drecom_margaret at 23:24|PermalinkComments(0)スポーツ | 出来事

2017年12月21日

東京駅 と 銀座のクリスマス

東京駅の丸の内側は、ず~っと工事現場だったのです。 2014年からかしら?

いつ行っても、「何ができるのかしら?」 と思って丸ビルから眺めていたのですが、
ついに完成しました!!
 
     ↓

171220-1

「丸の内駅前広場」です。
確かに、「広場」以外の何ものでもありません。
この完成により、昔のデザインに改修された東京駅は、正に「東京の顔」「玄関口」
なのだという思いを新たにしました。

東京駅を背にします。
   
     ↓

171220-2

行幸通り といいます。
皇居までまっすぐに伸びています。
何度か両陛下が東京駅をご利用になられるのを、こちらでお見かけしたことがございます。
人だかりがスゴイので、すぐに分かります。


さて、昨年に続きましてクリスマスの銀座風景です。

GINZA SIX  初めてのクリスマスですね。

     ↓

171220-3

正面のベルの飾りのボディが、ピンク、赤、紫、ブルー へと、刻々と変わります。
今は、ピンクが赤になりかけです。

和光のショウウィンドウ

     ↓

171220-4

今年は雪男?とロボットのコラボです。
画面右にボタンがありまして、プッシュしますと左側の足指が動き、右側の足が
上がって足裏にロボットがしがみついています というか、踏まれています。
昨年より商品の飾りが少ないように思います。

右に回りますと

     ↓

171220-5

雪男の手です。 こちらは動きはございません。

お次はここ数年出番がなかった ミキモト のツリーです。

     ↓

171220-6

例年建物の外にグリーンのツリーが沢山オーナメントで飾られてデンと立っている
のですが、今年は新しいビルのショウウィンドウの中、白のツリーです。
ふと思ったのですが、ミキモトですからきっとパールのイメージなのでしょう?

最後に、ちょっと変わったと思うブルガリのヘビさん セルペンティ

     ↓

171220-7

なにか、とっても色が綺麗。
ブルガリのジュエリーのようです。

ちょっと銀座までは行らっしゃれないという方、画像で雰囲気を味わって頂けましたら
嬉しいです。


drecom_margaret at 15:55|PermalinkComments(0) | 出来事

2017年10月29日

ジュエリーの組み合わせ を楽しむ (続き)

前回「ジュエリーの組み合わせ を楽しむ」で、ペンダント ドルフィン と ブローチ #312
を合わせてみました。

こちらの2点は、A・マリノウスキー のデザインですので、イルカのモティーフも同じです。
GJ上級者の着け方かもしれません。

このような合わせ方というのはあまり見ないと思いましたが、9月にNHKで放送していた
「女王ヴィクトリア 愛に生きる」という海外ドラマの中では、ヴィクトリア女王が日常着に
小さ目のペンダントとドレスの胸元のセンターにブローチを着けるという姿で良く登場して
いたのを思い出しました。 クラシカルな着け方なのかもしれません。


今回は、蝶々つながりで組み合わせてみました。

     ↓


171028


ペンダント バタフライ と ブローチ #283  です。

ペンダントは R・オバゴー のデザインで、ブローチは A・マリノウスキー のデザインです。
デザイナーもデザイン年も全く異なるのですが、少し遊んでみました。

普通 ブローチは胸元より肩寄りに着けたほうがシャープに見えるのですが、ペンダントとの
バランスを考えて、下に留めてみました。

どうしてか しっくり来ると思いましたが、ペンダントの蝶が斜めに下がっているのがポイント
だと気付きました。 蝶が真っすぐ真横に付いていたら「野暮」になってしまいます。
R・オバゴー さんは、それもお見通しだったのではないかと 恐れ入りました。


コートを着る季節になる前に(もうなっているかしら?)、是非お手持ちのジュエリーの組み
合わせにトライしてみて下さいませ。 
足りないアイテムで生産中止のお品がございましたら、お早目にご検討下さいませ。

drecom_margaret at 12:43|PermalinkComments(0)Georg Jensen | ファッション

2017年10月06日

ジュエリーの組み合わせ を楽しむ

ジョージ ジェンセン、Torun コレクション のアイテムを使って、組み合わせを楽しんで
みました。      (※ 敢えて同じ黒のトップスを着用しております。)


まずは、カジュアルな雰囲気で・・・

     ↓


171005-1

Torun コレクション チョーカー (ペンダント用)
ジョージ ジェンセン チャーム フロッグ #331B

ペンダント用のチョーカーに、カエルのチャームを合わせてみました。
カジュアルでちょっぴりユーモラスな感じがして、Tシャツにも似合います。
でも、流石の ジョージ ジェンセン のチャームですので、カジュアルでも品がございます。

こちらのチョーカーはセンター部分にペンダントを下げるための窪みがございますので、
1本でシンプルに着けるのには向いておりません。 
1本でシンプルにも着けられて、チャームも付けられるというのでしたら、同じくTorun
コレクション の、チョーカー ボタン プレイン が、お勧めです。


お次は、シックに・・・

     ↓


171005-2

チョーカーはそのままで、Torun コレクション の、
ペンダント ブラックオブシディアン / マザーオブパール (L) を下げてみました。

オブシディアンとマザーオブパールの両面が楽しめますので、シックにするのでしたら
黒の面、華やかにとか明るく見せるのでしたら白の面 と、その場ですぐに替えられます。
黒は艶と輝きがありますし、白も天然の模様が美しいです。


最後に、A・マリノウスキー の組み合わせです。

     ↓

171005-3

ペンダントは完売になってしまったのですが、ペンダント ドルフィン
ブローチは、ブローチ #312 です。

涼しくというか、急に肌寒くなってしまいましたので、A・マリノウスキー ファンの私は
エイッ~と2点合わせてしまいました。(笑)

ブローチの留める位置というのは、本当に迷います。
胸というより肩に近く、思っているよりもちょっと上目に留めるほうがシャープに見える
というのが持論です。 下に留めますと、年齢が上がって見えてしまうようです。
(既に年齢が上がっているという現実は、無視します・・・(笑))

今回は敢えて 「A・マリノウスキー をご存知の方はどうぞご覧下さい!」 という趣向で
ブローチをセンターに持って参りました。
イルカちゃん 4頭 は、キツイかしら? でも、マリノウスキー・ファンのアピールです!


冬には冬のおしゃれがございますが、コートを着るようになるまで、おしゃれをした姿を
見てもらえる良い季節です。
お手持ちのジュエリーを組み合わせて、存分にお楽しみ下さいませ。



drecom_margaret at 12:23|PermalinkComments(0)Georg Jensen | Torun コレクション

2017年09月14日

横須賀 軍港めぐり

熱海で温泉につかって、帰りにまた横須賀に寄ってしまいました。
前回 船に乗れませんでしたので、今回は軍港めぐりが目的です。

平日でしたので当日券が買えましたが、休日ですと予約でいっぱいになってしまう
らしいです。

この船で、45分間のクルージングです。
海外からの観光客も多かったです。
     ↓
170913-1

最初に見えたのは、護衛艦 いずも です。
     ↓
170913-2

海上自衛隊オタク(海自オタ)の方々がいらしたら、とても熱狂すると思われるのですが
(実際にエキサイトしている男性 発見!)、全く何も知らない私は最初はキョトンとして
おりました。
が、何しろ45分間ずっと案内人が詳細に生解説をして下さるので、ぐいぐい引き込まれ
てしまい、単純な私はすぐに艦の魅力にハマってしまいました。(笑)

アメリカのイージス艦
     ↓

170913-3

イージス艦の見分け方や攻撃能力を教わって、知らない事ばかりなので目からウロコでした。

護衛艦 おおなみ
     ↓
170913-4

潜水艦 も、ラッキーな事に遭遇できました。 艦上に自衛官の姿も見えます。
つかまる手すりなどないのに、よく落ちないこと! だって、揺れますよね。
     ↓
170913-5

護衛艦 ゆうぎり  サイドにぴったり付けている艦が給油を行っている所です。
     ↓
170913-6

掃海母艦 うらが
     ↓
170913-7

こちらは鉄でできていているので磁気を帯びて機雷が反応してしまうため、木造船が活躍
するそうですが、廃船となる木造船がありました。 現在は強化プラスティックの船に代
わったそうです。

その木造の掃海艦
     ↓
170913-8

この日は9月11日でしたので、日の丸は普通に掲げられておりますが、星条旗は半旗
でした。
     ↓ 
170913-9


アメリカ海軍施設のほうが、海上自衛隊施設より断然広いのです。 
中には幼稚園から大学まであるとか・・・
実際に行ってこの目で見ないと分からないことがありますね。 

アメリカ海軍横須賀基地の中に、幕末に建設が開始された1号ドックがありました。 
現在も使われているということで、当時の技術の高さに驚かされます。
2号、3号ドックもクルーズ船の中から見えました。 

70数年前に若い頃の父が来ていたと思いますと、胸に迫るものがありました。


drecom_margaret at 22:57|PermalinkComments(0)