2017年07月22日

アートアクアリウム 2017

日本橋室町の コレド室町1 で開催されている
アートアクアリム 2017 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム
へ行って参りました。
    ↓
170721-1

コレド室町1
    ↓
170721-2


何年前からの開催になるのでしょう? 
数年前に友人と立ち寄った時は、あまりに混雑しているので断念したのですが、
平日は空いていて良かったです。

コンセプトは「龍宮城」とのことです。

170721-3

金魚は概して大き目なのですが、水槽のレンズの効果もあってかなり大きく
見えます。

水槽に入れられて可哀想かなという気もしたのですが、悠然と泳いでいて、
とても気持ちが良さそうです。

巨大な金魚鉢
    ↓
170721-4

当てられているライトが黄色、赤、ブルー、ピンク、グリーン等 変幻自在に
変わるので、見ていて飽きないのですが、金魚にはストレスかかるかと・・・

面白い水槽
    ↓
170721-5

レンズの部分に来ると、金魚が特大に見えます。

小さい水槽も沢山ありました。
    ↓
170721-6

何気に水槽の底に置かれているビー玉が、とても綺麗でした。

「龍宮四季絵巻」という、映像と水槽がマッチングされた展示がありまして、
浦島太郎になって龍宮城を訪れた気分になりました。

最後の展示は、「床掛け金魚飾り」といって、生きた出目金と映像が掛け軸に
なっているという趣向です。
白黒のコントラストが美しいです!
    ↓
170721-7

画像では上手く撮れなかったのですが、この掛け軸の手前には、イタリアの
シルバー工房の作った亀、エイ、エビ、ヒトデのとても美しく精巧なオブジェ
が飾ってあり、その前に金魚でいっぱいの巨大な透明の玉手箱が設置してあり
ました。 
エビのオブジェは、明珍作のように精密でした。



金魚だけでなく、海水魚、熱帯魚、ヒトデ、イソギンチャク、ウミウシ?も
展示されていて、目にも涼しい夏の風物詩というアートでした。
海やプールも楽しいですが、あまり暑過ぎる夏は室内で楽しむのも一興です。

drecom_margaret at 21:11|PermalinkComments(0)展示会 

2017年06月24日

夏に似合うペンダント その2

前回からの続きですが

夏に似合う色・・・というのではなく、その透明感が夏向きなペンダントです。

     ↓


170623-2

茶の透明なスモーキークォーツ です。
左より
2014 イヤーペンダント (スモーキークォーツ)
ペンダント ドロップレット (スモーキクォーツ)

イヤーペンダントのスモーキークォーツは中間の濃さでして、光を当てるともっと
薄い茶色です。
茶のお石は秋冬向きと思われる方も多くいらっしゃいますが、透明感がございます
ので、実は夏もよくマッチします。 
そういえば、真夏に麻の茶のジャケットやお着物が涼しげに見えるのは何故なので
しょうか?

ドロップレットは、チェーンをお手持ちの太目のものに替えるのも面白いです!


お次は、デザインに空間があるもの

     ↓


170623-1

左より
ペンダント #132A
ペンダント インフィニティ #452

A・マリノウスキーのイルカはそれ自体が夏らしいですが、貝や海草がハート型の枠で
囲まれて立体感があり、そして隙間がありますので、ぐっと夏向きです。 こちらの
ペンダントは大人可愛い精巧なミニチュアです。

R・オバゴーさんのインフィニティも、一筆書きの8の字で空間があいておりますので、
軽くて涼しげです。


最後に、キラキラとホワイト

     ↓

170623-3

左より
ペンダント サンフラワー - 18mm
ペンダント スフィア (淡水パール)

両方とも一年中着けられるペンダントですが、敢えて言えば
サンフラワーは、夏のひまわりに、センターがダイヤのパヴェでキラキラです。
スフィアは、ホワイトパールの明るさが品のある白です。


夏は汗ばむ季節ですので、ペンダントはちょっと・・・ということで意外とブローチが
好まれる季節ではございますが、どうぞサラッと夏向きのペンダント1本でおしゃれを
演出してみて下さいませ。 

自分はさておき、周囲の人に涼しく見てもらえることが、「日本の夏のおしゃれ」の
醍醐味かもしれません。


drecom_margaret at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | ファッション

2017年06月14日

夏に似合うペンダント その1

夏に似合う色というのは、やはりブルー、そしてホワイトでしょうか。

そこで、まずブルー系のお石を使ったイヤーペンダントを集めてみました。
※ 復刻や限定を含めて、私物から探しました。

     ↓

170611-1

左より
1990年 ラブラドライト
1991年 アクアマリン
1992年 ラピスラズリ
1997年 ラブラドライト
1998年 ラピスラズリ


170611-2

左より
2007年 ラピスラズリ
2009年 ラピスラズリ
2013年 ラピスラズリ
2015年 ラブラドライト
2017年 ソーダライト+ロッククリスタル
      2017 イヤーペンダント (ソーダライト、ロッククリスタル)

以上がブルー系ですが、色の濃淡、透明感の有無、見事にそれぞれ違うお色目です。


お次、はホワイト系です。

     ↓

170611-3

左より
2010年 ホワイトアゲイト
2015年 ホワイトアゲイト
      2015 イヤーペンダント (ホワイトアゲイト) - デンマーク限定
2016年 マザーオブパール
      2016 イヤーペンダント (マザーオブパール)

同じホワイトアゲイトでも、15年は10年よりずっと透明度が高く神秘的です。
マザーオブパールは輝く部分があって上品ですが、貝ということもあって一番夏らしい
かもしれません。


これからどんどん蒸し暑~くなりますと、おしゃれするのもおっくうになりますね。
トップスが白のTシャツでボトムスはデニムでも、GJのペンダントの威力を借りれば、
気持ちがしゃんとして魔法で一瞬にして「オシャレ」になれます! きっと!!

drecom_margaret at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | ファッション

2017年05月15日

Torun バングル の重ねづけ

ジョージ・ジェンセン 本国のホームページでは、最近バングルをいくつか重ねづけした画像を
見る事が多いです。

先日UPした バングル サヴァンナ (ロッククリスタル) - サイズ S は、透き通った
クリスタルが清々しいバングルですが、重ねづけにトライしてみました。

     ↓


170514-1

なんにでも合わせ易いのは、やはりこちらです。
バングル トールン (スターリングシルバー、18K イエローゴールド) - サイズ S

この #204 のバングルは、同じデザインを重ねても、時計と重ねても、スマートに見えて
暑苦しくなりません。 2つのバングルが、お互いを引き立てております。

皆様も、お手持ちのバングルやブレスレットで重ねづけをお楽しみ下さいませ。
今が良い季節です。 もっと暑くなりますと、重ねづけも億劫になりますから。


おまけです。
重ねづけの見本ではないのですが、サイズ感をお分かり頂けますよう画像をUPしてみます。

     ↓


170514-2


間隔をあけて3本並べてみました。
一番肘に近いのが、バングル #269 (ブルートパーズ) - サイズ S です。

期せずして、3本とも Torun さんのデザインですね。
シンプルで斬新、いつまでも古くならない、スッキリと大人の可愛さを持っている。
流石の Torun デザインです!!

drecom_margaret at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | Torun コレクション

2017年05月08日

GINZA SIX

シリーズ化(?)していた「 銀座松坂屋の跡地」 ですが、とうとう 「GINZA SIX」
としてオープン致しました。 

     ↓

170506-1
 
とにかく、巨大ですね。
1つの画像にとりこむのが難しいです。

 
こちらは、正面です。

     ↓

170506-2
 
主人がオープン早々に行った時は、入場規制をしていたというのですが、暫く経っても
同様でした。 
入場の列が建物の角を曲がって伸びていましたが、写真を撮っている間に列がなくなり
スムースに入れると思いきや、エスカレーターに乗るのにごったがえしておりました。

上りよりも下りが大変。 エスカレーターで下りるのに、ぐるっと遠回りをする始末です。

でも、吹き抜けにある 草間弥生さんのオブジェで心が癒されます。(期間限定らしいです。)

     ↓

170506-3
 

ゴールデンウィークは日本人が大移動をして、どこもかしこも混んでいるということを、
外国人観光客は知っているのかしら? いつもの銀座より外国人は少なかったです。

素敵な靴やらバッグやらドレスやらが垣間見えるのですが、あまりの人の多さでゆっくり
見ていることができません。 
ブランド名をチェックして、家に帰ってからPCで検索したのですが、どのお品もお値段
も素敵過ぎでした・・・ 

あっ、6階の蔦屋はアート系の本が充実していて、お勧めです。

ニューヨークのトランプタワーの本物の水の滝ではないですが、高さ12mの滝の映像作品
がありました。 写したのですが、横線が入ってしまって上手く撮れませんでした・・・
 
地下3階には、「観世能楽堂」もあるのです。


暫くして落ち着いた頃に、ゆっくりと見て回ることに致しましょう。


drecom_margaret at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2017年04月09日

東京上野界隈 お花見

我が家近辺の今年の桜は、例年とは咲き方がちょっと違うのです。
ぱぁ~っと満開になるというのではなく、同じ木に満開の桜もつぼみが膨らんだ状態の桜も
混在するという不思議さです。  
開花宣言された後に、寒い日が続いたせいだと思われます。

雨が降らない日に上野に行けたので、画像だけですがお裾分けさせて頂きます。 


上野公園

   ↓

170409-1
 
外国からの観光客が予想以上に多いです。
酒盛りに加え、唄声も混じります。


上野東照宮

   ↓

170409-2
 
これまで数えきれないほど上野の山には行っているのに、お参りしたことがなかったのですが、
テレビで石原良純さんが紹介しているのを観て興味が湧きました。
参道の両側に屋台がびっしり並んでいて思ったより賑やかなのに驚いて、 東照宮を観てまた
驚くといった状況です。 
規模は小さいですが、日光東照宮と同様の豪華な彫刻の金ぴかの社殿です。


上野の山は、人混みで疲れてしまいます・・・
人混みの少ないお花見所 谷中の墓地です。

   ↓

170409-3

こちらは観光客もまばらですし、通り抜けるだけですから、ストレス無しに美しく儚いお花を
愛でられます。 

昨日も今日も雨模様で、今年の桜も明日には散ってしまうかもしれません。 

drecom_margaret at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 出来事

2017年03月27日

東京・銀座

お彼岸に、台東区 谷中にある実家のお墓参りに参りました。

その後、どこへ行こうか?と・・・
やはり、銀座に行ってしまうのでした。(笑)


子供の頃からの友人が「銀座東急プラザの屋上から 見た景色が面白い」と教えてくれましたので、
行ってみることに致しました。 屋上に上れるとは知りませんでした。

     ↓


170326-1

左(見えるかしら?)のエスカレーターで3階に上がると、私の好きなTWGの紅茶を量り売り
しているのです。

ホント!屋上まで行けるのですネ。
それでは景色をお裾分けさせて頂きます。


銀座4丁目方面を臨む

     ↓

170326-2

左の角が「和光」。
あれっ、右には「メゾン エルメス」の白馬にまたがった騎士の像が見える~!
へ~、見えるんだ!! 普段は通りの反対側から見ないと見えません。
     ↓
170326-3

騎士が掲げている2本の旗って、スカーフなんですって。
でも、スカーフのデザインまでは見えませんでした。・・・


数寄屋橋から「マロニエゲート」方面

     ↓

170326-4
 
右には子供の頃からお世話になっている「不二家」
あら、交番が見切れてしまいました。
     ↓
170326-5
 
有名な宝くじ売り場のそばの「数寄屋橋 交番」は、屋根のてっぺんにピンを差したデザインが
ユニークです。
これ、 建築前の模型の段階で、たまたまてっぺんに待ち針を差したら、そのまま建設された
というエピソードがあります。
何の為の玉なのでしょう? 避雷針? とか考えていたのに、実際は瓢箪から駒な現実で
ゆるい感じがツボです。(笑)


「数寄屋橋公園」 岡本太郎の「若い時計台」は、左下です。

     ↓

170326-6

大阪の万博会場の 「太陽の塔」を彷彿とさせる時計台です。
こちらのほうが制作年は古いです。

奥は「泰明小学校」 。 中央上はプールかしら?
お土地柄、有名人を輩出している小学校です。


最後にシリーズ化?しているようなしていないような(笑)
銀座松坂屋跡地 「ギンザ シックス」が遥かに見えます。

     ↓

170326-7
 
建築は終わって、今は内装工事たけなわ という状況です。 
オープンも楽しみです。

また行ってみたら、画像UP致しますね。 

drecom_margaret at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出来事 |