2017年09月14日

横須賀 軍港めぐり

熱海で温泉につかって、帰りにまた横須賀に寄ってしまいました。
前回 船に乗れませんでしたので、今回は軍港めぐりが目的です。

平日でしたので当日券が買えましたが、休日ですと予約でいっぱいになってしまう
らしいです。

この船で、45分間のクルージングです。
海外からの観光客も多かったです。
     ↓
170913-1

最初に見えたのは、護衛艦 いずも です。
     ↓
170913-2

海上自衛隊オタク(海自オタ)の方々がいらしたら、とても熱狂すると思われるのですが
(実際にエキサイトしている男性 発見!)、全く何も知らない私は最初はキョトンとして
おりました。
が、何しろ45分間ずっと案内人が詳細に生解説をして下さるので、ぐいぐい引き込まれ
てしまい、単純な私はすぐに艦の魅力にハマってしまいました。(笑)

アメリカのイージス艦
     ↓

170913-3

イージス艦の見分け方や攻撃能力を教わって、知らない事ばかりなので目からウロコでした。

護衛艦 おおなみ
     ↓
170913-4

潜水艦 も、ラッキーな事に遭遇できました。 艦上に自衛官の姿も見えます。
つかまる手すりなどないのに、よく落ちないこと! だって、揺れますよね。
     ↓
170913-5

護衛艦 ゆうぎり  サイドにぴったり付けている艦が給油を行っている所です。
     ↓
170913-6

掃海母艦 うらが
     ↓
170913-7

こちらは鉄でできていているので磁気を帯びて機雷が反応してしまうため、木造船が活躍
するそうですが、廃船となる木造船がありました。 現在は強化プラスティックの船に代
わったそうです。

その木造の掃海艦
     ↓
170913-8

この日は9月11日でしたので、日の丸は普通に掲げられておりますが、星条旗は半旗
でした。
     ↓ 
170913-9


アメリカ海軍施設のほうが、海上自衛隊施設より断然広いのです。 
中には幼稚園から大学まであるとか・・・
実際に行ってこの目で見ないと分からないことがありますね。 

アメリカ海軍横須賀基地の中に、幕末に建設が開始された1号ドックがありました。 
現在も使われているということで、当時の技術の高さに驚かされます。
2号、3号ドックもクルーズ船の中から見えました。 

70数年前に若い頃の父が来ていたと思いますと、胸に迫るものがありました。


drecom_margaret at 22:57|PermalinkComments(0) 

2017年09月07日

秋のおしゃれ

20年くらい前に涼しいというより寒い夏があって、子供が朝のラジオ体操にカーディガンを
着て行くなんてことがありました。

そこまでとはいきませんが、今年の関東地方の8月は、涼しかったです。
関西のお客様から、「35度あって暑いです。」というメールを頂きますと、
「今年の夏は、なんだったんだろう?」と思います。 夏の初めは水不足だったのですが・・・
もう太陽ギラギラの日は、多分訪れないでしょう・・・


夏を惜しんでいても仕方がないので、おしゃれを楽しめる秋にシフトしたいと思います。

汗ばむ季節が過ぎますと、ペンダントやネックレスが恋しくなります。
そこで、一挙に重ねづけをお勧め致します。

     ↓

170907-2

短いほうは、ペンダント サンフラワー - 18mm
長いほうは、ソトワール アリア #593A - 91cm です。

ペンダントは、チェーンの長さ 45cm の位置で留めております。
サンフラワーですから夏に着けていらした方も多いと思いますが、秋の乾いた空気の
中でパヴェのダイヤが光るのもスッキリ、シャキッとします。

ソトワールは長いままです。 こちらのソトワールは、キューブの部分をセンターに
持ってくると座りが良いのですが、わざと角度が付くように着けております。
というか、このソトワールの長さの丁度真ん中は、キューブの所には来ないように
初めからデザインされているのです。 ちょっと面白いです。 
キューブがランダムに沢山付いているので、どの位置をもって来るかによって、少し
ずつ印象が変わります。


さて、ソトワールを2重にしてみました。

     ↓


170907-1

ちょっと賑やかになりました。
縦長のラインではなくなりますが、ペンダントが主張している雰囲気となります。

ソトワールはいろいろな着け方ができますので、お勧めです。
縦のラインを強調したり、もしくは別のアイテムを強調させるためにプラスしたりと、
是非秋のおしゃれにご活用頂きたいと思うアイテムの1つです。


drecom_margaret at 18:25|PermalinkComments(0)Georg Jensen | ファッション

2017年08月15日

横須賀 世界三大記念艦「みかさ」

先日のお休みに例年のように海で花火を観て、帰りは横浜に寄ったり、富士サファリパークに
行ったり、水族館、八景島、鎌倉・・・選択肢はいろいろあるのですが、横須賀に行ってみる
ことにしました。

半世紀以上生きてきて、横須賀に行くのは初めてです。
私には兄姉が3人いて、私は父が40歳の時の末子なのですが、その父から戦前仕事の関係上
「横須賀によく出張に行った」と聞いておりましたので、一度行ってみたかったのです。


横須賀の三笠公園に入ると、目の前に「三笠」が見えます。
日露戦争、日本海海戦でバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦「三笠」が記念艦として保存
されているのです。

     ↓

170811-1
 
その前の像は、もちろん東郷平八郎司令長官です。
予想よりちいさい艦かと思ったのですが、中に入るとやはり大きいです。


煙突も大きいです。

     ↓

170811-2


15センチ副砲の操砲展示

     ↓

170811-3


見学には30分コースと60分コースがあって、展示、説明もとても丁寧です。
東郷元帥の部屋のベッド、バスタブ 、洗面台、キャビネットなども見られるのです。
一般用(というのか)のトイレの床も白と黒の市松模様で、綺麗に整然と作られていました。
造船したのはイギリスのビッカース造船所で、したがって家具も英国製なのです。

日本海海戦のビデオも観られますし、日本の海軍がどうやってできたかという幕末からの歴史
の紹介もあり、あまり興味がなくて行った主人でも、1時間以上居ても「時間が足りない、
また来たい。」と言っておりました。


そうは言ってもお腹はすきます。
公園を出てから地元の方に「海軍カレーを食べられる所はどこですか?」と訊いてみました。
2軒教えて頂いたのですが、1軒はお休み。
どぶ板通りにある「TSUNAMI」に決定。
地元の方のおっしゃる通り、鉄人28号が目印でした。

     ↓


170811-4


ハンバーガーがメインのお店だと思うのですが、「横須賀海軍カレー」

     ↓


170811-5


サラダとミルクと福神漬けが付いていて、1200円でした。
美味しいビーフカレーです。 辛さも丁度良い。(私、あまり辛いのは苦手です。)


横須賀と言えばスカジャンが有名ですが、スカジャンを実際に着られる年齢ではないですが、
何故か気になる和のデザインです。 そういえばユニクロがミッキーのスカジャン出しました
ね。(笑)
大将ミシンししゅう店は 残念お休みでした。

どぶ板通りのお店で、USNavy の実物のシャツやパンツが沢山売られていました。
三笠公園のすぐ近くに米海軍横須賀基地があるのです。 


今日は8月15日です。

drecom_margaret at 22:08|PermalinkComments(0) | 展示会

2017年07月22日

アートアクアリウム 2017

日本橋室町の コレド室町1 で開催されている
アートアクアリム 2017 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム
へ行って参りました。
    ↓
170721-1

コレド室町1
    ↓
170721-2


何年前からの開催になるのでしょう? 
数年前に友人と立ち寄った時は、あまりに混雑しているので断念したのですが、
平日は空いていて良かったです。

コンセプトは「龍宮城」とのことです。

170721-3

金魚は概して大き目なのですが、水槽のレンズの効果もあってかなり大きく
見えます。

水槽に入れられて可哀想かなという気もしたのですが、悠然と泳いでいて、
とても気持ちが良さそうです。

巨大な金魚鉢
    ↓
170721-4

当てられているライトが黄色、赤、ブルー、ピンク、グリーン等 変幻自在に
変わるので、見ていて飽きないのですが、金魚にはストレスかかるかと・・・

面白い水槽
    ↓
170721-5

レンズの部分に来ると、金魚が特大に見えます。

小さい水槽も沢山ありました。
    ↓
170721-6

何気に水槽の底に置かれているビー玉が、とても綺麗でした。

「龍宮四季絵巻」という、映像と水槽がマッチングされた展示がありまして、
浦島太郎になって龍宮城を訪れた気分になりました。

最後の展示は、「床掛け金魚飾り」といって、生きた出目金と映像が掛け軸に
なっているという趣向です。
白黒のコントラストが美しいです!
    ↓
170721-7

画像では上手く撮れなかったのですが、この掛け軸の手前には、イタリアの
シルバー工房の作った亀、エイ、エビ、ヒトデのとても美しく精巧なオブジェ
が飾ってあり、その前に金魚でいっぱいの巨大な透明の玉手箱が設置してあり
ました。 
エビのオブジェは、明珍作のように精密でした。



金魚だけでなく、海水魚、熱帯魚、ヒトデ、イソギンチャク、ウミウシ?も
展示されていて、目にも涼しい夏の風物詩というアートでした。
海やプールも楽しいですが、あまり暑過ぎる夏は室内で楽しむのも一興です。

drecom_margaret at 21:11|PermalinkComments(0)展示会 

2017年06月24日

夏に似合うペンダント その2

前回からの続きですが

夏に似合う色・・・というのではなく、その透明感が夏向きなペンダントです。

     ↓


170623-2

茶の透明なスモーキークォーツ です。
左より
2014 イヤーペンダント (スモーキークォーツ)
ペンダント ドロップレット (スモーキクォーツ)

イヤーペンダントのスモーキークォーツは中間の濃さでして、光を当てるともっと
薄い茶色です。
茶のお石は秋冬向きと思われる方も多くいらっしゃいますが、透明感がございます
ので、実は夏もよくマッチします。 
そういえば、真夏に麻の茶のジャケットやお着物が涼しげに見えるのは何故なので
しょうか?

ドロップレットは、チェーンをお手持ちの太目のものに替えるのも面白いです!


お次は、デザインに空間があるもの

     ↓


170623-1

左より
ペンダント #132A
ペンダント インフィニティ #452

A・マリノウスキーのイルカはそれ自体が夏らしいですが、貝や海草がハート型の枠で
囲まれて立体感があり、そして隙間がありますので、ぐっと夏向きです。 こちらの
ペンダントは大人可愛い精巧なミニチュアです。

R・オバゴーさんのインフィニティも、一筆書きの8の字で空間があいておりますので、
軽くて涼しげです。


最後に、キラキラとホワイト

     ↓

170623-3

左より
ペンダント サンフラワー - 18mm
ペンダント スフィア (淡水パール)

両方とも一年中着けられるペンダントですが、敢えて言えば
サンフラワーは、夏のひまわりに、センターがダイヤのパヴェでキラキラです。
スフィアは、ホワイトパールの明るさが品のある白です。


夏は汗ばむ季節ですので、ペンダントはちょっと・・・ということで意外とブローチが
好まれる季節ではございますが、どうぞサラッと夏向きのペンダント1本でおしゃれを
演出してみて下さいませ。 

自分はさておき、周囲の人に涼しく見てもらえることが、「日本の夏のおしゃれ」の
醍醐味かもしれません。


drecom_margaret at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | ファッション

2017年06月14日

夏に似合うペンダント その1

夏に似合う色というのは、やはりブルー、そしてホワイトでしょうか。

そこで、まずブルー系のお石を使ったイヤーペンダントを集めてみました。
※ 復刻や限定を含めて、私物から探しました。

     ↓

170611-1

左より
1990年 ラブラドライト
1991年 アクアマリン
1992年 ラピスラズリ
1997年 ラブラドライト
1998年 ラピスラズリ


170611-2

左より
2007年 ラピスラズリ
2009年 ラピスラズリ
2013年 ラピスラズリ
2015年 ラブラドライト
2017年 ソーダライト+ロッククリスタル
      2017 イヤーペンダント (ソーダライト、ロッククリスタル)

以上がブルー系ですが、色の濃淡、透明感の有無、見事にそれぞれ違うお色目です。


お次、はホワイト系です。

     ↓

170611-3

左より
2010年 ホワイトアゲイト
2015年 ホワイトアゲイト
      2015 イヤーペンダント (ホワイトアゲイト) - デンマーク限定
2016年 マザーオブパール
      2016 イヤーペンダント (マザーオブパール)

同じホワイトアゲイトでも、15年は10年よりずっと透明度が高く神秘的です。
マザーオブパールは輝く部分があって上品ですが、貝ということもあって一番夏らしい
かもしれません。


これからどんどん蒸し暑~くなりますと、おしゃれするのもおっくうになりますね。
トップスが白のTシャツでボトムスはデニムでも、GJのペンダントの威力を借りれば、
気持ちがしゃんとして魔法で一瞬にして「オシャレ」になれます! きっと!!

drecom_margaret at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | ファッション

2017年05月15日

Torun バングル の重ねづけ

ジョージ・ジェンセン 本国のホームページでは、最近バングルをいくつか重ねづけした画像を
見る事が多いです。

先日UPした バングル サヴァンナ (ロッククリスタル) - サイズ S は、透き通った
クリスタルが清々しいバングルですが、重ねづけにトライしてみました。

     ↓


170514-1

なんにでも合わせ易いのは、やはりこちらです。
バングル トールン (スターリングシルバー、18K イエローゴールド) - サイズ S

この #204 のバングルは、同じデザインを重ねても、時計と重ねても、スマートに見えて
暑苦しくなりません。 2つのバングルが、お互いを引き立てております。

皆様も、お手持ちのバングルやブレスレットで重ねづけをお楽しみ下さいませ。
今が良い季節です。 もっと暑くなりますと、重ねづけも億劫になりますから。


おまけです。
重ねづけの見本ではないのですが、サイズ感をお分かり頂けますよう画像をUPしてみます。

     ↓


170514-2


間隔をあけて3本並べてみました。
一番肘に近いのが、バングル #269 (ブルートパーズ) - サイズ S です。

期せずして、3本とも Torun さんのデザインですね。
シンプルで斬新、いつまでも古くならない、スッキリと大人の可愛さを持っている。
流石の Torun デザインです!!

drecom_margaret at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Georg Jensen | Torun コレクション